駿府城




駿府城の歴史を訪ねる。
P1000190.JPG



東御門
P1000188.JPG



駿府城跡
P1000182.JPG



駿府公園
P1000181.JPG



巽櫓(復元)
通称 府中城、静岡城

城郭構造 輪郭式平城

天守構造 不明(1589年築)

慶長1期(1607年再)

慶長2期(7階・1610年再)
(いずれも非現存)

築城主 徳川家康

築城年 1585年(天正13年)

主な改修者 徳川家康

主な城主 徳川氏、中村氏、



内藤氏(松平氏)

廃城年 1869年(明治2年)

遺構 石垣、堀

指定文化財 なし

再建造物 櫓、門



駿府城の概要

室町幕府の駿河守護に任じられた今川氏によって、

この地には今川館が築かれ今川領国支配の中心地となっていた。今川氏は

隣接する甲斐国の武田氏、相模国の後北条氏と同盟を結び領国支配を行

ったが、16世紀には甲斐を中心に領国拡大を行っていた武田氏との同盟

関係が解消され、武田氏の駿河侵攻により今川氏は駆逐され、

城館は失われた。


日本の「城」巡りTOP








posted by oojijisun at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。